カルシウムは赤ちゃんにもお母さんにも大切です!

妊婦さんと言えば葉酸ですが、そのほかにもとっても大事な栄養素はたくさんあります。
その中でも私が気を付けて摂取するようにしていたものは、カルシウムです。
以前ダイエットをしていたことで骨密度が低いということもあり、赤ちゃんの骨格をちゃんと作ってあげる
ためにも、自分のこれからの為にもカルシウムは絶対とっておかないとと思い、食事にかなり気を付けました。
ただでさえ妊婦さんになるとカルシウムの必要摂取量が成人女性の約1.5倍必要だとされています。
そのため、なるべく意識しながらカルシウムをとらないといけません。

 

カルシウムが多いといわれている食品は牛乳やチーズのほかにゴマもあります。

お豆腐には必ずゴマをかけたり、ふりかけもゴマの入ったふりかけにしたり、ほうれん草にゴマとだし醤油をかけるなどしていました。妊婦12
それから、カルシウムの吸収率を高めるために一緒にとると良いと言われているビタミンDも摂るように心がけました。ビタミンDが多く含まれている食品は、魚類や卵それにキノコ類です。
献立にしていたのは、じゃこサラダにチーズをふりかけたものや、あさりの入ったクラムチャウダー、そこにキノコもなるべく多めにいれたものなどを食べたりしていました。

 

もう一つよく作っていたものが、鮭のマヨネーズ焼きです。

鮭の上にマヨネーズとチーズをのせて焼いた後、レモンをたっぷりかけて御飯とともに食べるのが大好きな一品でした。
そして毎日必ず飲んでいたものといえば、お味噌汁でした。
だしをカルシウムたっぷりのいりこで出して、塩分控えめのおみそで溶きます。
お味噌も発酵食品なのでとっても良いそうです。
それでも足りないと思ったときはカルシウムのはいったパンを焼いてチーズをのせて食べたり、
時にはサプリメントもとったりと色々なところからとるように心がけていました。